騒音性難聴、老人性難聴

タバコは発展途上国でも、予防可能な死亡原因のトップであることはご存知ですか? 最近では注目されています「受動喫煙」についても、喫煙者以上の有害性もあります。 タバコの病気被害を探せ!を見ていただくことで、タバコがほとんどすべての病気と関連することを知り、 禁煙に関して無関心な人が少しでも禁煙に関心をむけていただけると幸いでございます。

騒音性難聴、老人性難聴

タバコの病気被害を探せ! → タバコと感覚器の病気 → 騒音性難聴、老人性難聴



騒音性難聴、老人性難聴の喫煙被害

内耳の蝸牛という器官には、中耳の耳小骨からの振動を受けて振動するリンパ液と、リンパ液の振動を電気信号に変える有毛細胞があります。慢性的な騒音暴露や加齢によって有毛細胞は徐々に減っていきますが、喫煙による血行不良と活性酸素暴露は減少に拍車をかけることになります。

48歳以上の男性3753人を対象とした調査を行ったところ、喫煙による老人性難聴発症リスクが1,63倍に増加し、各年齢層において喫煙者に多く難聴が発生していました。

アメリカの南カリフォルニア大学で、航空会社で騒音にさらされている2300人の調査を行ったところ、騒音性難聴の発生率は喫煙者で1,39倍と高くなり、喫煙量とリスクが相関していることがわかりました。




騒音性難聴、老人性難聴とは?

音が耳に伝わって感じるまでの経路のどこかに障害があると、聴力が低下します。
この後の聞こえの悪くなった状態が難聴です。

難聴は外耳や中耳に原因があっておこる伝音難聴、内耳、聴神経、脳に原因があっておこる感音難聴と、この2つが混在した混合難聴に大別できますが、その原因や程度、治療方法は様々で、病気に応じた対応が必要になります。

人間の聴器の老化は20〜30歳代から始まるといわれていて、この加齢によっておこる聴力の低下を老人性難聴といいます。
老化は、内耳感覚器から脳の聴覚中枢までの神経細胞の減少や変性として出現しますが、その程度は人によって様々で、大きな個人差があります。




タバコと感覚器の病気

タバコの煙成分には、視神経や網膜視細胞の機能低下や変性を起こし、タバコ弱視や暗視能力、暗順応の低下、黄斑変性症を引き起こす原因となります。
喫煙は遺伝性疾患であるレーベル病の発症リスクを増加し、血栓形成や動脈硬化に関係する前部虚血性視神経症、網膜塞栓症、網膜静脈閉塞賞のリスクを増加させます。

タバコ煙のシアン化水素や活性酸素によって、嗅細胞や味蕾細胞に変性をきたし、臭いや味を感じる能力が低下してしまいます。
喫煙の味覚に与える影響は、苦味、酸味、塩味、味味の順で大きく、臭いや味を判別できない程度は喫煙量に相関しています。
受動喫煙によって嗅覚鈍麻が起こることも実験で証明されています。




メインメニュー


プライバシーポリシー
HOME
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。