急性喉頭蓋炎

タバコは発展途上国でも、予防可能な死亡原因のトップであることはご存知ですか? 最近では注目されています「受動喫煙」についても、喫煙者以上の有害性もあります。 タバコの病気被害を探せ!を見ていただくことで、タバコがほとんどすべての病気と関連することを知り、 禁煙に関して無関心な人が少しでも禁煙に関心をむけていただけると幸いでございます。

急性喉頭蓋炎

タバコの病気被害を探せ! → タバコと呼吸器の病気 → 急性喉頭蓋炎



急性喉頭蓋炎の喫煙被害

日本大学の亀谷らによると、急性喉頭蓋炎93例の検討において、患者のうち69人が喫煙者で、喫煙患者のほうが炎症所見も強かったと報告しています。

気管切開などで気道を確保する必要のあった7名中でも、うち6名は重度の喫煙者であったことからも、喫煙を急性喉頭蓋炎の誘引かつ悪化因子と位置づけています。




急性喉頭蓋炎とは?

喉頭の組織の一部に喉頭蓋があります。喉頭蓋は、喉頭をふさぎ、食べ物が気道に入らないようにする役割を果たしています。
急性喉頭蓋炎は、この部分に生じる、細菌感染による喉頭蓋粘膜下組織の蜂巣織炎の一つで、B型インフルエンザ菌の感染が原因とされています。

欧米では、乳幼児に多い病気とされていますが、日本では成人にみられます。

時として風邪から喉頭蓋の急性炎症を起こすことがあり、喉頭蓋炎と呼ばれますが、喫煙によって発症確率が上がります。




タバコと呼吸器の病気

喫煙者や受動喫煙者は気管支が狭窄してしまい、呼吸機能検査の数値が著しく低下してしまいます。

皮肉なことに受動喫煙にさらされている非喫煙者は、軽喫煙者と同等の機能低下をきたしています。
急性の低下は数分の受動喫煙でも起こってしまい、喘息患者などへの影響も懸念されます。

喫煙により、肺ランゲルハンス細胞肉芽腫症、好酸球性肺炎、成人呼吸促迫症候群、特発性間質肺炎など肺の間質に起こっている病気や、喉頭ポリープ、自然気胸、呼吸細気管支炎、睡眠時無呼吸症候群などの病気もほとんどはリスクが高まります。
特に、好酸球性肺炎は受動喫煙との関連も指摘されていますので、注意が必要です。




メインメニュー


プライバシーポリシー
HOME
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。