大動脈瘤

タバコは発展途上国でも、予防可能な死亡原因のトップであることはご存知ですか? 最近では注目されています「受動喫煙」についても、喫煙者以上の有害性もあります。 タバコの病気被害を探せ!を見ていただくことで、タバコがほとんどすべての病気と関連することを知り、 禁煙に関して無関心な人が少しでも禁煙に関心をむけていただけると幸いでございます。

大動脈瘤

タバコの病気被害を探せ! → タバコと循環器の病気 → 大動脈瘤



大動脈瘤の喫煙被害

喫煙による動脈硬化では、動脈瘤の発生が特に多くなっています。

イギリスのアデンブルック病院における210例の症例対照調査によると、腹部大動脈瘤の発症リスクは、過去の喫煙経験で3倍、現在の喫煙によっては7,6倍に増加していることがわかりました。

この結果により、1日喫煙量よりも喫煙継続期間とよく相関していることがわかり、喫煙量にかかわらず、1年の喫煙継続につき、0.04倍ずつリスクが上昇していることもわかりました。




大動脈瘤とは?

動脈硬化が進行すると、大動脈壁の弱い部分が血圧に耐えかねて膨らみ始めます。
それがこぶのように膨らんだ状態を大動脈瘤といいます。

膨らみが大きくなるにつれて、こぶの壁はどんどん薄くなっていき、ついには破裂して大出血をおこします。
こうなってしまうと身体の諸機能は低下し、死に至ることになります。
したがって大動脈瘤の治療は、こぶの破裂を予防し、破裂前に手術を行うことが必然になります。

破裂の余地は難しいのですが、5センチ以上膨らんだ動脈瘤は破裂する可能性が高いために、確認次第外科治療をオススメします。




タバコと循環器の病気

喫煙による体内の一酸化炭素、活性酸素、ニコチンの増加は、心臓の興奮性を高めてしまいます。
それにより、心室性期外収縮や心房細動などの不整脈のリスクを高めます。

喫煙は急性の血圧上昇を起こすほかにも、夜間の正常な血圧低下を起こしにくいノンディッパーと関係することが証明されていて、臓器への慢性血流障害の関与も指摘されています。
その中でも、喫煙による拡張型心筋症の発症率は1,39倍となっており、発症後の死亡率も通常の1,8倍にも増加してしまいます。

また、動脈硬化などのタバコ煙成分が直接作用している毒性は、糖尿病や高脂血症などとの相乗効果により、狭心症や心筋梗塞などの発症率を4〜22倍にも増加します。これは単独喫煙によるリスク増加が2倍程度なので、さらに危険であるということがよくわかります。




メインメニュー


プライバシーポリシー
HOME
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。