精神遅滞

タバコは発展途上国でも、予防可能な死亡原因のトップであることはご存知ですか? 最近では注目されています「受動喫煙」についても、喫煙者以上の有害性もあります。 タバコの病気被害を探せ!を見ていただくことで、タバコがほとんどすべての病気と関連することを知り、 禁煙に関して無関心な人が少しでも禁煙に関心をむけていただけると幸いでございます。

精神遅滞

タバコの病気被害を探せ! → タバコによる子供被害 → 精神遅滞



精神遅滞の喫煙被害

複数の研究によって、父親の喫煙や、母親の妊娠中の喫煙によって精神遅滞の発生率が高くなることが確認されています。

アメリカのエモリー大学での精神遅滞児221例による症例対照調査の結果、母親の妊娠中の喫煙によって発生リスクが1,6倍、1日20本以上の喫煙では1,9倍になることがわかり報告されています。

また、オランダのネイメーヘン大学で306人の精神遅滞児の症例対照調査による結果では、父親がパイプ・葉巻喫煙をしている場合のリスク増加は2,4倍であると示しましたが、これは妊婦の受動喫煙の効果ととるか、精子の遺伝子異常の効果ととるかは難しいです。




精神遅滞とは?

精神遅滞児の言語発達の遅れは、基本的に言語習得能力の低さが原因です。

精神遅滞の子供の言葉の発達には個人差がありますが、人間の脳は、少なくとも思春期ごろまでには成熟が続いて、言語習得能力もその子なりのペースで発達するので、長い経過で言葉が発達してくる可能性があります。




タバコによる子供被害

親の喫煙によって子供の喫煙開始年齢が早まる傾向があります。学校の敷地内禁煙化は未成年喫煙の抑制に有効ですが、それが守られていないのも現実です。

若年齢から開始した喫煙は、成人してから始めた同等量の喫煙よりもはるかに大きいがん、心筋梗塞のリスク増大をもたらします。親や教師は、子供の喫煙を「子供の自殺」として捉えて行動するべきです。

妊娠中の喫煙によって小児自閉症が増加し、妊娠中の喫煙と出生時の受動喫煙によって、攻撃的性格に象徴される注意欠陥多動障害が発生しやすくなります。妊娠中の喫煙は子供の将来の暴力的犯罪を倍増させるとの報告もあります。




メインメニュー


プライバシーポリシー
HOME
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。