スモーカーズフェイス

タバコは発展途上国でも、予防可能な死亡原因のトップであることはご存知ですか? 最近では注目されています「受動喫煙」についても、喫煙者以上の有害性もあります。 タバコの病気被害を探せ!を見ていただくことで、タバコがほとんどすべての病気と関連することを知り、 禁煙に関して無関心な人が少しでも禁煙に関心をむけていただけると幸いでございます。

スモーカーズフェイス

タバコの病気被害を探せ! → タバコとアレルギー → スモーカーズフェイス



スモーカーズフェイスの喫煙被害

フィンランドのオウル大学では、非喫煙者51人と喫煙者47人の皮膚に吸引機で水ぶくれを作って、内溶液採取して調査しました。
結果、喫煙者では非喫煙者に比べてコラーゲン線維の合成能力が低下したことがわかりました。

さらに喫煙としみやしわの関係を指摘した報告も多数あることが知られています。
イギリスの東アングリア大学で792人の皮膚のしわを客観的に点数評価して検討した結果から、1日20本の喫煙は加齢10年分のしわが増加することが確認されました。




スモーカーズフェイスとは?

喫煙によって皮膚の血行促進が不良となり、結果肌の老化を進めます。
タバコ煙の中には活性酸素が含まれているために、喫煙後に体内に生じる大量の活性酸素が、皮膚の張りを保つ線維であるコラーゲン線維の合成を阻害してしまい、それはやがて深いしわが刻まれたような喫煙者独特の風貌になります。

これがスモーカーズフェイスです。

さらに、弾性線維と呼ばれる、コラーゲン線維と共に皮膚の張りを保っている線維も、活性酸素によって破壊されるようになります。


以下の項目に少なくと1項目を満たされていれば、スモーカーズフェイスの仲間入りです。




タバコとアレルギー

タバコの煙にはベンゼン、トルエン、ホルムアルデヒド、フェノールなど様々なアレルギー物質が含まれており、喫煙はもちろんのこと受動喫煙までもシックハウス症候群およびその他の化学物質過敏症を引き起こします。
中でも、受動喫煙による多種類化学物質過敏症は深刻で、正常な社会生活を奪われた被害者が多数存在しています。

喫煙による皮膚の老化は、活性酸素の関与によって、しみやしわ、病的な表情などからなるスモーカーズフェイスとなって現れます。
さらには、喫煙による皮膚の血行不良は靴ずれや床ずれの発生頻度を高め、皮膚免疫力の低下が加わることにより、にきびや水虫、感染性湿疹様皮膚炎、化膿性汗腺炎、乳房膿瘍のリスクを高めることがわかってきています。




メインメニュー


プライバシーポリシー
HOME
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。